軽自動車便とバイク便の違い

軽自動車便とバイク便の違い

軽自動車便とバイク便の違い 運送会社は荷物を輸送するために、何種類かのトラックを所有しています。
そのため、運送する荷物の大きさや量に合わせて、運送時に使用するトラックを変えていたりするのです。
その中で軽自動車便は比較的使用される頻度が高く、名前の通り、軽自動車を利用した配送用のトラックとなります。
軽自動車便は、トラックとしては小型であるため、積み込める荷物の量は少なめです。
ですがその分、小回りが利き、狭い所でも入り込んで配送する事が可能です。
一方のバイク便の方は、名前の通り、バイクの後部に書類を入れる等して運ぶという配送方法となっています。
お陰で軽自動車便と比較しても、配送出来る荷物の量は少なく、小さい荷物しか運ぶ事は不可能です。
ですがバイク便の利点は、軽自動車便よりも更に小回りを利かせて配送出来る事だったりします。
軽自動車だと都内の渋滞に巻き込まれて、指定した時間に書類等を届けられないケースも少なくないです。
ですがバイク便は、渋滞でも道路脇を進む事が出来るので、指定した時間通りに書類や小さな荷物を届けられる可能性が高かったりします。

軽自動車便と宅急便の違い

軽自動車便と宅急便の違い 軽自動車便をご存知でしょうか。
最近でてきたこのサービスは緊急でものを運ばなければならない時に利用できるサービスになります。ではなぜ緊急時に利用できるサービスなのでしょうか。

宅急便は基本的には集荷を行うドライバーがいたり、荷物を持ち込みすることで配送センターやターミナルと呼ばれる荷物を仮置きする場所に運ばれます。
そこで配送される場所ごとに荷物が分けられ、全国各地に運ばれます。そのため、どれだけ急いでいたとしても翌日配送になってしまいます。

しかしこの軽自動車便のサービスは、ドライバーが集荷に来るとそのまま届け先まで配送してくれるサービスなのです。
デメリットでいうと宅急便に比べて値段が高いことくらいです。
しかし最初に述べたように、宅急便では間に合わないような、緊急時に利用するサービスになります。
どうしても当日中に、もしくは翌日の午前中に運ばなければならないなど場合は、これ以上に安心できるサービスはありません。
急を要するビジネスの現場では無くてはならない存在になりつつあります。